お財布にも、周囲にも優しい、小さな結婚式

結婚式って、なんのためにするんだろう?

かつては、結婚式場やホテルに100名ぐらいの招待客を集めて、若い二人の門出を祝う、挙式・披露宴というスタイルが定番でした。でも最近は、近しい友人や親族だけで、少人数の挙式を行うカップルが増えています。でも、それは不景気だからとか、お金がないからというマイナスの発想からではなく、自分たちの生活スタイルや考え方に沿う形になっただけのこと。むしろ、自分たちが幸せになるためのイベントとして、結婚式をとらえているからではないでしょうか。

近しい人たちだけの結婚式のいいところ

大きな結婚式をすると、招待客のリスト制作に始まり、招待状の送付、席順、引き出物と結婚する2人にはあまり関係ない、疲れる仕事をたくさんしなくてはいけません。実際、それで大ゲンカしてしまうカップルも少なくはないでしょう。でも、少人数の近しい人だけの結婚式なら、そんな気兼ねもなく、2人のことを本当に祝ってくれる人たちだけに来てもらうことが出来ます。笑顔と幸せに包まれた結婚式。そんなステキなシーンが見られるのも、少さな結婚式だからではないでしょうか。

実は、まわりの人にも優しい、小さな結婚式

小さな結婚式は、実は結婚する2人だけでなく、まわりの人にも優しいといえます。仕事関係やあまり親しくない方の結婚式に招待された場合、ひとり出席でも数万円、夫婦や家族での出席なら、それ以上のご祝儀を包むことになるでしょう。これは、なかなか大きな出費です。しかし、招待なしで、報告だけ受けた場合、少なくとも、その半分以下の出費で済むのではないでしょうか。そういう意味でも、小さな結婚式は周囲にも優しい結婚式なのです。

少人数での結婚式なら親族のみでゆっくりと行えます。気兼ねなくアットホームな結婚式をしたい方におすすめです。