後悔しない!賢いブライダルフェアの活用法

余裕を持って、早い時期から始めよう

結婚が決まると、新居の準備や顔合せ等、式場選び以外にもやるべき事がたくさんあります。忙しいですが、式場選びは後回しにせず、なるべく早い時期から始めましょう。その理由は、人気の式場や日どりは、予約でいっぱいだからです。自分達がお日柄を気にしなくても、親族がこだわる可能性大です!そして、ブライダルフェアは楽しいですが、意外と時間と労力を必要とします。焦って決めるよりも、余裕を持って検討する事で、納得の行く式場選びができます。せっかくの結婚式です。後悔の無いように、じっくり選びたいですよね。

できるだけ、たくさんの式場を見よう

式場の実際の様子は、パンフレットだけではわかりません。いいな、と思っていた所でも、プランナーさんとの相性がイマイチだったり、あまり興味が無かった所でも、実際の雰囲気を見て、すごく気に入ったりと、いろんな可能性があります。そして、たくさん見ているうちに場慣れしてくるので、冷静に判断する事ができます。他の式場と比較して、気付く点も多くなります。交渉も上手になります。何事も経験を積む事でスキルが上がるものですが、ブライダルフェアにも同じ事が言えるでしょう。

いいな、と思っても即決はしない

ブライダルフェアに行くと、「早く決めないと、すぐ予約が入ってしまいますよ」「今なら安くしますよ」と色々な言葉で即決を勧められるかもしれません。式場めぐりで疲れていたり、その場で式場がとっても気に入ったりしたら、「じゃあ、そうしようかな」と即決してしまいそうになります。でも、ちょっと待ってください!頑張って一度、持ち帰りましょう。ブライダルフェアでは、お花飾り等が、比較的豪華な状態で準備されています。でも、実際は値段次第です。ブライダルフェアの状態は、見積書とイコールではありません。また、気に入った式場に、他式場との見積書を提示する事で、値段交渉できる可能性があります。結婚式は、高い買い物です。即決はなるべく避け、一度持ち帰って、家族とも相談してじっくり検討しましょう。

ブライダルフェアとは、式場の下見だけでなく、模擬挙式やお料理の試食、衣装の試着参加などが行われ結婚式を挙げる参考になります。